#サナガラフォーレ | SANAGARA

2020/11/22 15:28

まず初めに、11/7〜11/13 ラフォーレ原宿

お越しいただきましてありがとうございました。


SANAGARAメインデザイナーU sucg:):です。

原宿という町に自身のブランドのお店を開ける。

たったの1週間でもこんな機会はなかなかないだろう。



ただの大学中卒、

経歴にどデカいインパクトがあるわけでもなく

21歳から本格的にバンドを初めて

かれこれブランドを立ち上げてから3年弱。


確かに積み上げてきたものはそこにはあるけれど、

こんな事態を予想しながらは生きてなかった。


オンラインショップのみでの運営。

自身はバンドマンという身。

デザインをやってはいるものの、何か特質した実績があるわけでもない。


今回、#サナガラフォーレをやったことによるSANAGARAの可能性や、自信に繋がる1週間だった。



今回、PUP-UP でメインスタッフを担ったのは僕と、萌/廃棄物。


萌は原宿に店を構えるNOT CONVENTIONAL.でアパレルスタッフをしている。

僕は、2.3年前にSTUSSYというブランドでアパレルスタッフをやっていたためメイン店頭に立つことになった。


久々の接客、楽しみと緊張が入り混じりながらも怒涛の1週間がスタート。



自分らで作ったデザインを実際に手に取って、目で見て、

SOULHUG vol.1を店頭で流して。


目で耳で肌で。いろんな感覚を皆さんに届けることができた実感を僕は心で味わった。



実際、僕はオンラインで買い物を良くするが、

100%の満足を手に入れたことはなかった。

手に取って、今着ている服や持っているアイテムを想像しながら購入までたどり着く。

そのアシストを接客という部分から見出していた。



当時STUSSYで働いていた頃には出来なかったことが一つある。

それはSANAGARA1番大事にしている思想の部分。

1から手がけているSANAGARAではそれを作った経緯や思い。

また、来てくれた方々がどのようにSANAGARAまで辿り着いて、どのような気持ちでその服を着たいのか。

もちろん全員にこの想いを届けられたわけではないが、

これからもやっていくPOP-UPやライブ、

このご時世だからこそ、直接触れ合える距離感で広めていきたい。


まずは生きて会いましょう。

SANAGARAを知っていただいてるだけで、まず一つの共通点が出来てます。


これからもSANAGARAは大きくなっていきます。

一緒に何か面白いことをするためにお互い生きて会いましょう。



そんなところで

今日からSOULHUG vol.2各種ストリーミングストア聴けるようになってます。




音楽やってる僕らが作る服、SANAGARA
思想ヲ武装セヨ


SOULHUG vol.1

https://linkco.re/1mRDTRsv


SOULHUG vol.2

https://linkco.re/He50U7MZ


https://www.google.co.jp/amp/s/magazine.tunecore.co.jp/newrelease/82402/amp/