Grunge Life | SANAGARA

2020/11/21 01:20



我々も ただのならず者の集まりでは無い。


日々、人間としてどう生きようか深く考えながら行動を重ねている。


人生という摩訶不思議なゲームに誘われた身分、

余すことなくアナタとこの次元を共有したい。

そう願うのは、きっとSANAGARAの性。


時に喧嘩し、時に戸惑い、時に遣る瀬無くもなる。

人間だもの。

それでも、毎日を最高にブーストして楽しんでいる。


バカではあるが、クズではない。

それでもクズかもしれないと思う瞬間はあるが


それでも這いつくばる。

翼を捨てたことに意味があるのだと

思いながら空を眺めては思考へダイブする。



勉強という勉強は嫌いだ。

だが、好きなことには とことん夢中になる。


その性質を存分に利用し、発揮し、調和し、

アートとして外界へ放つ。


願わくば、世の為、人の為。


未知なる、


基準の存在しない世界へ。


その領域において、

他者とのコミュニケーションを図る。


思考と思考のセッション。


感情と感情のフュージョン。



このストーリーの行く先は何処?


それを見にいこうと。


アナタと決めた。



時代は忙しなく移り変わり、

呼び名のない者たちに呼び名を与えた。


クリエイター。


呼び名は本質を捉えきれず、

また、それだけでは括りきれないほどの

領域があることの証明でもあった。



有限の人生において、

果てなき無限の世界。


宛のない旅は始まっていた。


授かった使命に誇りを。

預かった運命に誓いを。



嗚呼、もうちょっと世界が明るくなりますように。


そう云って、蛍光の塗料に祈りを込める。


我ながら、さながら であると思った。

7e111e80efb2da3057310741fb70afcd.jpg