SANAGARA初のアクリルアクセサリー販売まで | SANAGARA

2020/10/08 19:57

初めまして、SANAGARAデザイナーU sucg:):です。

今後はBlogを通じて、各メンバーや、関係者から皆様にどのようにして作られたのか、どのようにしてSANAGARAというものが成り立っているのか。

今まで僕ら内側の人間しか知り得なかった情報をお伝えしていこうと思います。



ぜひお気軽に、、、



SANAGARA初のアクリル製アクセ販売までの経緯



今回は10/09 21:00から発売される

ロストピアスの販売までの経緯をお伝えできればと思います。





以前発売した結晶板"B""C"Pierce同様

アクリル製品でのアクセサリーになっています。






SANAGARAの小物アイテムは基本的にハンドメイドアイテムで僕の母親が一個一個、手作りで作ったものを販売していました。


真心こそ二重分に込もってはいるものの、

大量の商品を一度に生産出来なかったり、

クオリティという面で少し後ろめたさがあったのも

僕の中では少し不安材料ではありました。



ある時、Instagramのストーリーを眺めていると

レーザー加工で物作りをしようとしている古い友人の投稿を見かけた。

何か一緒にできないかとDMを飛ばし、直接会って現状を聞き出してみた。


彼女とは昔、ハンバーグ屋"福よし"という、『とろけるハンバーグ』を目玉商品とするお店で一緒にバイトをしていた友達でした。

ぜひ皆さんも食べてみて欲しい。。。



話が逸れたが、そんな彼女は

エイ・ケイ・コーポレーションという

カメラのレンズなどに使う光学レンズの加工工場の事務員として働いていました。


その職場にいる先輩と、余った端材を使って何か作ってみたいんだけどアイディアが欲しいと相談され、

SANAGARAとして何かできないか考えるきっかけができた。



当初は、光学ガラスという物質が頭から離れず、

アパレルアイテムになると、身につける物としては、

ガラスでは怪我の恐れや、物自体の重さが懸念点となり、

インテリアなどを作れないかという飛んだ発想をしていて、なかなか、商品として完成に近づくことができませんでした。



正確には覚えていないが約半年ほど、連絡を取らなくなり、

頭から光学ガラスのことはほぼほぼ抜け落ちていた頃、

再び彼女から連絡が入った。


連絡の内容は、アクリルでピアスやキーホルダーを作ってみたから見て欲しいとの内容だった。


早速SANAGARAのロゴを使ってデザインを精査してもらい、サンプルを作ってSANAGARAメンバーに見せたところ

かなりの評判、そのまま商品販売へと映ることになった。



長々と語ってしまったが、

このように元々繋がっていた人と再び繋がり

また新たに商品を作ることができたりすることが度々ある。



当時ただただ堕落にバイトをしていただけだと思っていたが、彼女のおかげで、ただただバイトしていた日々では無くなった。


そんな日々も今もこれからも全てを含めてSANAGARAを、バンドをやっていきたい。


大きく話は逸れてしまったかもしれないが、一つ一つの商品に様々なストーリーがあるので、そんなストーリーもあったんだなぁと心に少しだけ刻んでもらってSANAGARAの商品を武装して欲しいです。



改めてロストピアス 10/09 21:00〜発売します。

是非是非宜しくお願い致します。